ビジネスチャットで業務の効率を改善しよう|役立つツール選び

相手の状況を把握する

チャット

災害時の安否確認システムについて

地震などの災害時には、被災地への電話が集中し、回線が混雑しつながりにくく、営業や外出している職員の安否確認が困難な場合があります。そこで、安否確認システムというのが重要になります。例えば、スマホアプリのLINE(ライン)があげられます。電話回線は非常につながりにくいですが、LINEはパケット通信であるため比較的つながりやすく、既読通知によって相手の安否がわかります。また、facebookでも安否確認システムが存在し、被災地へ安否確認メールを送り、それに返答すると友達登録しているユーザー全員に通知がいくようになっています。その他にも、災害時に社員や家族の安否を確認するシステムとして、一斉メールや、状況集計、掲示板など、有料・無料でさまざまなシステムが提供されています。他にもビジネスチャットで連携を取るという方法もあります。ビジネスチャットには様々な種類があるので、コストなどを考えて導入の検討を進めておく必要があります。

高齢者の安否確認システムについて

一人暮らしの高齢者も増加していることから、遠方に出向いているヘルパーが高齢者の安否確認できるシステムが必要とされています。 高齢者の安否確認システムは、高齢者の自宅にセンサーを設置し、高齢者の生活を見守り、センサーに長時間反応がなかったり、高齢者がボタンを押すと、遠方のヘルパー職員や家族に連絡がいく仕組みになっています。緊急時に家族やヘルパーが対応できない状況にあるときは、コールセンターのスタッフが変わりに救急車を呼びます。センサーによる安否確認システム以外に、ガスの利用状況で安否確認をするシステムや、高齢者がボタンを押すと警備員がかけつけるシステムなど、様々なものが存在し、今後も増えていくと思われます。

秘書代行してくれる

婦人

仕事をスムーズに進めていく方法として秘書代行サービスが注目されています。また、多くの会社からこのようなサービスが提供されているので、もっとも良い所を見つけておくようにしましょう。

View Detail

ビジネスシーン活発化

電卓と用紙

ビジネスシーンをより活発化させる為にも様々なシステムや代行サービスが行われています。秘書代行や特許申請の代行もそれらの1つですが、今後も益々サービスやシステムを利用する企業は増えていくと言われています。

View Detail

災害対策は重要

システム

災害が何かと多い日本に住む以上、その対策をするのは義務であり仕方が似事なのです。中でも安否確認システムを導入することは非常に重要で、安否を瞬時に分かれば危険な状況に晒すことが無くなります。

View Detail